2011年03月31日

Mainly Rock & Roll/The Chordettes

5133J42TrDL__SS500_.jpg

-収録曲-
1. True Love Goes On And On
2. Mr Sandman
3. Lonely Lips
4. Humming Bird
5. The Wedding
6. Eddie My Love
7. Born To Be With You
8. Lay Down Your Arms
9. Teenage Goodnight
10. Echo Of Love
11. Just Between You And Me
12. Soft Sands
13. Photographs
14. Lollipop
15. Baby Come-A-Back-A
16. Zorro
17. Love Is A Two Way Street
18. No Other Arms, No Other Lips
19. A Girl's Work Is Never Done
20. No Wheels
21. Lonely Boy
22. Charlie Brown
23. I Cried A Tear
24. Pink Shoelaces
25. Tall Paul
26. To Know Him Is To Love Him
27. My Heart Stood Still
28. For Me And My Gal
29. A Broken Vow
30. Never On Sunday
31. Faraway Star
32. In The Deep Blue Sea


ザ・コーデッツの企画盤(93年発売)。

見ての通り50年代テイストな一枚。曲も3分弱。

タイトルにRock & Rollってあるんやけど、そこまでロックンロールテイストってわけではない。コーラスグループやね。
でもA Girl's Work Is Never DoneあたりからはThe 5.6.7.8'Sがカバーしてもガッツリはまりそうな感じやね。

A Girl's Work Is Never Done



Mr.sandmanは54年のヒット曲なんやけど、ずっと探しとって最近になってザ・コーデッツの曲ってわかったわ。ずっとアンドリュー・シスターズの曲かと思ってベスト盤まで買ってしまったわ。

Mr Sandman



Lollipopは58年のヒット曲で知らん人はおらんよね、多分。

Lollipop



おまけ


--------------------
posted by 市松人形 at 10:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 音盤アワー(洋) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月29日

NOW!/THE PEPPER POTS

51E7ikzt-sL__SS500_.jpg

-収録曲-
1. Real Tru Love
2. You're Still In My Mind
3. Talk to me
4. Dream Guy
5. Highway
6. Time to Live
7. Young Girl
8. Keep Waiting
9. That's Enough Forever
10. Starlight
11. Take a Chance


スペインのガールズボーカルトリオTHE PEPPER POTSの3rdアルバム(09年発売)。

音的には説明不要と言うかジャケットを見たとおり、想像するとおりと言った感じやね。
60年代とかソウルミュージックとかあんな感じ(と言っても詳しくないけどね)で、よく言えばコード進行がもう少し哀愁漂う感じやったら良かったんやけどね、個人的には。あ、ナンシー・シナトラとかああいうのも思い浮かべたわ。

洋楽に関しては毎回そーやけど、あまり知識も無いんでストレートにアマゾンあたりの試聴を聴いてくださいね。

はい、ジャケット見て、想像して、想像して、想像して、ハイ!再生ボタン↓



--------------------
ラベル:THE PEPPER POTS
posted by 市松人形 at 13:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 音盤アワー(洋) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月26日

7day's go! go! box/ゴーバンズ

-収録曲-
1.恋するファンタジア
2.KISS ME!! KISS ME!!
3.Do you wanna hold me?
4.UN・バランス
5.ムーヴィーショウでLa La La
6.ピチ・ピチ
7.ハートアタックNO1
8.B・B・BLONDIE
9.Let's the GO-BANG'S


ゴーバンズのインディーズ時代のカセット(86年発売)。

何故ボックスか?それはヴァレンタイン向けにチョコレートが入っていたから。
これを持ってメンバーが新宿エジソンにチョコを添えて「置いてください」って頼んだらホイホイ喜んで置いてくれたとか。

少年ナイフのカセットと共に聴きたい音源のひとつでもあったんやけど、数年前入手。当然オリジナルカセットじゃないんでメンバー構成とかわからんのやけど、ギターは森若さんらしい。「ハッスルはお好き?」にも収録されてる曲とかメジャーで聴ける曲もあるけど、KISS ME!! KISS ME!!の途中のピコピコ音とか結構この時代やけって感じやね。

ポニーキャニオン時代はアイドルっぽくてそれなりに売れたけど、移籍してビクターになってから音楽的にもちょっと変わったような感じやったね。
「バイオニックロック」はドラムの斉藤さんが抜けてのラストアルバムで、これは唯一持ってるビクター盤やけど、これも何か肩透かし喰らったわ。「リサイクルヒッツ」は出た当時ボロクソに書かれとったけど、数年前図書館で借りて聴いたらボロクソに書かれとった理由がわかったわw。キャニオンって何か軽くてアイドル的なイメージがあるんやけど、ゴーバンズにとっては良いレコード会社やったと思う。

で、何で売れた頃に便乗してこのカセットがCD化しなかったのか?不思議やねー。

時代が時代だったら海外でのウケも良かったと思うわ。


貴重な貴重なインディーズ時代のライブ映像!


--------------------
ラベル:ゴーバンズ
posted by 市松人形 at 11:53| Comment(2) | TrackBack(0) | 音盤アワー(邦) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月25日

Chaos/The Sex Pistols

Sex-Pistols-Chaos-18507.jpg

-収録曲-
1. No Feelings
2. Problems
3. Substitute
4. Don't Give Me No Lip Child
5. (I'm Not Your) Steppin' Stone
6. Roadrunner
7. What'cha Gonna Do About It?
8. I'm a Lazy Sod
9. I Wanna Be Me
10. God Save the Queen


The Sex Pistolsは海外の好きなバンドのひとつではあるが、あまり詳しくない。
たまたま中古屋で240円だし、ジャケットが花輪和一だったので半信半疑で購入。
やはりと言うか半疑の方が正解だったと言うかw。

The Sex Pistolsに関しては「勝手にしやがれ」さえ持ってりゃ良いかな?って感じなんやけど。

森脇美貴夫氏のライナー(←コレがポイント)によれば1〜2曲目は一番最初のレコーディングということでザラザラした感じでガレージっぽくて、こういうのは好きやね。
3〜7曲目は「グレイトロックンロールスウィンドル」のミックス違い、って言われてもイマイチ判らんわw!
8〜10曲目はこれまた音の悪いライブ音源!まさにタイトル通りChaos!

で、ライナーに書いてたったグレン・マトロックも関わってると言うウワサのセックスレス・ピストルズというバンドの「デニー」と言うアルバムの方が気になったわ。
限定649枚、聴くのは無理?



--------------------
ラベル:The Sex Pistols
posted by 市松人形 at 10:31| Comment(0) | 新規購入CD('11) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月24日

HiHi大リーグ/アメリカ★ヤング

514E79YRSWL__SL500_AA300_.jpg

-収録曲-
1. HiHi U.S.A
2. 夫婦ゲンカ
3. Wild Thing
4. ビバリーヒルズ高校白書
5. オバQ
6. アメリカヤングのテーマ~マシュマロマン
7. ビーチボーイズ
8. クララベル
9. マダム エドモント
10. Banana Split
11. ロリポップ
12. Just ine


アメリカ★ヤングのアルバム(01年発売)。
滅多に行かない大型古本屋にて購入。240円。

元々バンド名が決まる以前は少年ナイフとかのコピーやってたようで、音的にはキュートなガレージ
夫婦ゲンカとか面白いタイトルなんでどんな感じなんやろって思ったら歌詞は全部英語。是非日本語で聴きたかったわ。ベスト盤には日本語版収録されとるんやけど、入手困難らしい。
公式サイト見たら解散してんのか?どうなのかさっぱりわからん状態やけど、是非また脚光を浴びてもらいたい。



最初っから最後までこんな感じでイイ感じ。

--------------------
posted by 市松人形 at 12:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 新規購入CD('11) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月19日

THE MODS/Alfaデモ

-収録曲-
1.WATCH YOUR STEP
2.イヤな事さ
3.HONEY BEE
4.熱いのを一発
5.俺はLOOSE
6.不良少年の詩
7.誰も手を貸さない
8.ROCK A BILLY ROCK
9.TWO PUNKS
10.Tomorrow Never Comes
11.ハートに火をつけて
12.がまんするんだ
13.くよくよしたって
14.ビルの谷間
15.HEY! GIRL
16.NO CHANCE
17.DAN DAN
18.記憶喪失
19.KNIFE AND PISTOL
20.NO REACTION
21.I DON'T LIKE TUESDAY


THE MODSのデモテープ。
何でAlfaデモなんやろね?レコード会社Alfaじゃなかったし、デビュー前に決まりそうになったレコード会社がAlfaなんやろか?ルースターズもビクターでレコーディングしとるしね。

実はTHE MODS全然詳しくないし、レコードもCDも持ってない。正確に言うと持ってたけど売った。たまたま深夜番組(多分eZ)で見た「ジャマをするな」のライブ映像がえらいカッコ良くて、で、すぐ2枚組ベスト盤買ったんよね(ちなみに何でも入門編でベストを買うのは良くない!w)。でもライブのようなカッコ良さは当時の俺的には感じられんかった。で、すぐ売っちゃった。

中学時代、THE MODSすっごい流行ったんよね。マクセルのCMにも出とったし、お茶の間でもご存知みたいな感じ、アイドル的と言うかね。友達もこぞってライブ行って、「隣のねえちゃんのオッパイ揺れとった!」ってそれがライブの感想ですか?w。
同級生の高倉、見た目は斉藤清六なのにTHE MODSのコピーバンドでボーカル。それのライブ見に行ったコトないけど、多分滑稽やったんやろね…。

で、デモテープの内容なんやけど、経年・タビングのダビングの…、って具合でスタジオ録音なんやけど音はあまり良くない。でも内容はイイ!オリジナル盤持ってないんで違いは全然判らんけど先入観無しに楽しめたね。曲によってはルースターズっぽくてカッコイイし(年代的にはルースターズの方が後やけど)、パンクというよりロックンロール寄りなんやね。特にこの曲がと言うより全体的にカッコイイ。こういうのもいつか日の目を浴びて欲しいね、ブートじゃなくて。

--------------------
ラベル:THE MODS
posted by 市松人形 at 09:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 音盤アワー(邦) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月16日

サンハウス/73.03.12@明治生命ホール(サンハウス・ショウ)

-SET LIST-
01. ごあいさつの歌
02. I'm a man
03. Big boat
04. Dust my bloom
05. Rollin'& tumblin'
06. Rolling stone
07. Shake your maney maker
08. Sun is shine'
09. キングスネーク・ブルース
10. そらの男
11. 死にかけた君に
12. ぬすっと


メジャーデビューの2年前にワンマンでしかも3時間、こんなショウをやったバンドはそうそういない。

浦田 賢一在籍時のブートレグなんやけど、物凄く音が良い。ライン録音かな?情報によると3時間ライブしとるらしいので当然完全収録ではない。

キングスネーク・ブルースの前に「それでは二部を始めます」と菊のMC、なんで一部はカバー、二部はオリジナルっちゅう感じやったんかな。

当時メンバーは20代前半〜半ば頃やったと思うんやけど、渋すぎる。今のバンドの軽いコト。オリジナルの未発表曲もあるけど、サンハウス?って言うぐらいフォーク的と言うか、テンポはぬすっとみたいな感じ。キングスネーク・ブルースのイントロのカッティングはカッコイイわぁー!

多分元ネタはあるやろうけ、いつの日か「サンハウス・ショウ」3枚組みCDとして日の目を浴びることを期待したい!



これはそん時の映像じゃないよ。
--------------------
ラベル:サンハウス
posted by 市松人形 at 13:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ライブ音源 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月11日

鳥天&かぼす&ロックンロール

ってコトで昨日は大分出張。
仕事もソコソコ、昼飯を我慢し、午後から打合せして早速鳥天を喰いに行った。
大分市高松東、中華料理「王府」。
ST280019_2.jpg

数年前取引先の人に連れて行ってもらった。ニラ豚が有名なんよね。
前回はニラ豚喰ったんで、今回は鳥天。
このヴォリュームで700円、鳥天定食。
ST280020_2.jpg

多分、小麦粉と片栗粉を混ぜた衣やろね。
ヴォリューム満点やけど、大体この辺で鳥天頼んだら喰えんほど出てくる。

その後、大分ICからちょっと湯布院方面へ。
おもちゃ倉庫大分店。
ST280043_2.jpg

ありがちな大型古本店なんやけど、以前行ったときは大分のインディーズバンド、特にハードコアとかノイズコア系のバンドのCDRが置いてたんで物色しに行った。
でも、そういうのは一切無くなっとった!代わりにレゲエとかヒップホップのCDとかフライヤばっかり!萎えた。
古着コーナーを物色。
バーゲンコーナーにハワイアンシャツ発見!
ST280045_2.jpg

4,000円の70%で1,200円、ハワイのAVANTI製。
メイドイン中国やけど、主にヴィンテージのレプリカを作ってるトコでシルク製。
以前のタグはシンプルで良かったんやけど、今はお土産アロハって感じ丸出し…。
ST280044_2.jpg

まぁ着てる時はタグまで見られることないやろ。

--------------------
posted by 市松人形 at 12:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑ではない雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月09日

CALL AND RESPONSE Records

昨日の記事でも触れたんやけど、CALL AND RESPONSE Recordsの主催者イアンさん(IAN MARTIN)のインタビュー記事がASCII.jpにて公開されてます。

「オタクはUKパンク」? 英国記者が見た、日本の音楽文化
http://ascii.jp/elem/000/000/557/557062/

ASCIIと言えばずいぶん前にパパイヤ・パラノイアの石嶋さんの連載が載っとったね。
イアンさん、個人的にすごい共感できるわ。日本のフェスは音楽の地獄とかw、ホント良い例えやん。

Japan Timesってトコでも日本のバンドのレビュー書いとって、何か見たことあると思ったらプラハ・デパートの記事も書いとるんよね。ますます親近感が沸いたわー。

で、インタビューの中でも紹介されとるイアンさんのバンド、P-MODEL美術館で会ったひとだろ?


パンクや〜ん。
--------------------
posted by 市松人形 at 12:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑ではない雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月08日

Valentine's Candies/VA

valentinescandies_front.jpg

-収録曲-
01. その気にさせないで / Yamaco
02. 春一番 / TE☆SY (From Cand☆es)
03. ハートのエースが出てこない / Umbrella-X
04. 春一番 / 春風堂
05. 年下の男の子 / cottonioo
06. ハートのエースが出てこない / Trinitron (N'toko+Ian Martin+friends)
07. あなたに夢中 / Puffy Shoes
08. 危い土曜日 / 地盤沈下
09. 二人だけの夜明け / うるせぇよ
10. 春9000 (「春一番」のカバー) / やまのいゆずる
11. A muk aihsa say(「やさしい悪魔」) - snip n` zener
12. 年下の男の子 / Jahiliyyah
13. 暑中お見舞い申し上げます / ruruxu/sinn
14. 微笑がえし / Killer Condors


地盤沈下も参加してるキャンディーズのトリビュート、でもリアルタイムで聴いたことある人いなさそーな参加メンバー。

CALL AND RESPONSE Recordsの主催者イアンさんの結婚記念盤らしいが、この方、外国人なのに日本のアーチストを扱うインディーズレーベルを主催してるのが謎。しかも、P-MODEL「美術館で会った人だろ?」を口ずさんでいるらしい。かなり謎。

昨年、地盤沈下のiguz漱石さんにいただいたけど、地盤沈下以外聴いてなかったモンで。
トータル的にはピコピコ系が多いかなぁー。
他の曲も聴いてみたいなぁと思ったのは、TrinitronPuffy Shoesruruxu/sinn。全部女性ボーカルやけどね。
あと、Jahiliyyahが凄かったと言うか、糞味噌(KUSO-MISO)を思い出したわw。
最後のKiller CondorsはストレートにPOPで選曲も含めて最後に相応しいと言う感じやったね。

ちなみに俺は蘭ちゃん派で父親はスーちゃん派だった。

これで800円はお買い得やけ、ライブ会場とか円盤で買ってね。

--------------------
posted by 市松人形 at 12:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 新規購入CD('11) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月07日

さいとうみわこさん最新作

さいとうみわこさんがCAPRICIEUXという名義で渋谷エレクトロポップというアルバムを出しとります。
各ショップの説明には全然名前は出てないけど、本人が言ってるので間違いないです。

試聴はコチラ


41VFpdH4sML__SL500_AA300_.jpg

渋谷エレクトロポップ/CAPRICIEUX
発売日:2011年02月09日
フォーマット:CD
構成数:1
製造国:国内
レーベル:Revolution Recordings
規格品番:RRCRB110140
http://amzn.to/gA29ic

1. 恋とマシンガン / ザ・フリッパーズ・ギター
2. 愛し愛されて生きるのさ / 小沢健二
3. 接吻 Kiss / オリジナル・ラヴ
4. ラブリー / 小沢健二
5. Rally / シンバルス
6. 東京は夜の七時 / ピチカート・ファイヴ
7. ラ・ブーム ~だってMY BOOM IS ME~ / カジヒデキ
8. 黄昏'95 ~太陽の季節~ / TOKYO No.1 SOUL SET
9. Elastic Gir / カヒミ・カリィ
10. いかれたBABY / フィッシュマンズ


予算の都合上まだ購入しとらんけど、早く買いたい一枚。

しかし、渋谷系とは一体何だったのか?
渋谷で遊んでた女子たちのファッションの一部やったのか?
当時、オリジナル・ラヴを「ジナラブ」と略してた女子どもは今も変わらず聴いているのか?
困ったモンやね。

--------------------
posted by 市松人形 at 12:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑ではない雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月05日

pinup baby punks

もう管理できないから止めればいいのに、またブログを作ってしまった。

pinup baby punks
http://pinup-baby-punks.blogspot.com/

フライヤとかチケットなど紙媒体を中心に載っけてます。
見るだけで楽しい。
解説は少な目に。
見たら「そーですね」をクリックしてね。

--------------------
posted by 市松人形 at 12:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑ではない雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月04日

筋肉少女帯/88.11.29@盛岡AUN

-SET LIST-
1.マタンゴ
2.モーレツア太郎
3.ノーマンベイツ
4.イタコLOVE
5.福耳の子供
6.孤島の鬼
7.オレンヂ・ペニス
8.キノコパワー
9.日本の米
10.サンフランシスコ
11.釈迦
-アンコール-
12.いくじなし
13岡田ロック


筋肉少女帯のSISTER STRAWBERRY TOUR。
エディ/横関敦時代のライブやね。
この一ヵ月後の福岡でのライブ見たけど、既に大槻は髪を立ててなかった。この頃、ライブに必ずと言って良いほど来ていた大槻のコスプレをした男性客がいたが、髪を立てていた。しかも一番前に居たので非常に見え辛かった。

ライブの定番とも言える高木ブー伝説が入っていないのは、ドリフ問題で色々あった後だからね。でも岡田ロックは演っちゃってるよ。
ツインギターになってからはMCが何となくダラダラ気味やったけど、この頃はそこまで長くはない。なおかつ面白い。

しかし、キノコパワーにおけるエディ/横関敦の掛け合いはずっごいカッコイイ。
俺、早弾きとかそーいうの全く興味ないけど、そういう次元を遥かに超えとるわ。



--------------------
ラベル:筋肉少女帯
posted by 市松人形 at 11:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ライブ音源 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月03日

requests!/Cymbals

f23fd0920ea0def03b2a2210_L.jpg

-収録曲-
1. Love You
2. E.G.G.
3. Show Business
4. RALLY
5. My Patrick
6. Love Thing
7. Rain Song
8. Higher than the Sun
9. Mach 0.8
10. Highway Star,Speed Star
11. Do You Believe In Magic?
12. Wingspan
13. Cucumber!
14. Happy Knight,Shiny Child
15. 怒れる小さな茶色い犬
16. I'm a Believer
17. Introducing of Guest Musicians


Cymbals(シンバルズ)のLIVEアルバム(03年発売)。
リスナーからのリクエストによる選曲ライブと言うことで、まぁベスト盤的ライブ盤やね。
性格的に同じアーチストを聴き続けてしまうんで、二日連続Cymbalsネタで申し訳ないんやけど、聴きてて飽きが来ない。

で、このバンドのプロ意識を垣間見てしまったよ。当然プロなんでプロ意識があって当然なんやけど、少なくともミュージックシュテーションとかに出とる自称自分たちで曲作ってます的なバンドの90%以上は意識レベルが低いね。どことは言わんけど、自分たちで曲作っとんのに何でそんなに下手、しかも歌も下手、と言うのが多過ぎる。

Cymbalsは演奏も当然上手いのであるが、ボーカルの土岐麻子、この人は凄い。Cymbals自体が色んなバリエーションの楽曲があるんやけど、パンクッシュだったり、JAZZっぽかったり、そういうのをサラっと歌いのけるんよね。ソロになってからカバー曲をよくやってるんやけど、よくあるお遊戯会の延長的カバーではなくて、ボーカリストだから成し得る完成度の高さがある。そう、ボーカリストは曲を選ばない。
なので、お遊戯会的なカバーアルバム出してる幼稚な方は良く聴いて見習いなさい。

とにかくこの只者ではないライブアルバム、畳み込むように時間が過ぎて行くので是非聴いて!



--------------------
ラベル:Cymbals
posted by 市松人形 at 14:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 音盤アワー(邦) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月02日

That's Entertainment/Cymbals

3151SZ39PYL__SL500_AA300_.jpg

-収録曲-
1. Show Business
2. What A Shiny Day
3. So You Want To Be A ROCK’N’ROLL STAR 4
4. Rain Song
5. So What?
6. So You Want To Be A ROCK’N’ROLL STAR 5
7. RALLY
8. Air Guitar
9. ANSWER SONG(alternate mix)
10. Mach 0.8 〜亜音速による移動〜
11. So You Want To Be A ROCK’N’ROLL STAR 6
12. My Brave Face
13. Muzak Cycle
14. What’s Entertainment?


Cymbals(シンバルズ)の1stアルバム(00年発売)。
ストレートに言うとこれは凄い良いアルバムやね。

土岐麻子がボーカルで在籍してたバンドなんやけど、いわゆる渋谷系なんかと一緒にされがちな音なんやけど、音自体は意外と攻撃的でパンキッシュなんよ、これが。
女性ボーカルならではの色っぽさはないけど、全てにおいてほぼ完璧なバンドやね。
曲が短いのも良い。



--------------------
ラベル:Cymbals
posted by 市松人形 at 12:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 音盤アワー(邦) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月01日

Hello! "Z"/ねごと

41USK+YWD1L__SL500_AA300_.jpg

-収録曲-
1. ループ
2. 透き通る衝動
3. ワンダーワールド
4. うずまき
5. NO
6. 夕日


平成生まれのガールズバンドねごとの1stアルバム(10年発売)。
ラジオのゲストに出て、おっとりした口調でしゃべってるのが気になりアルバムを聴いてみた。
高校生になってからほぼ初めて楽器をやり始めたと言う割には結構出来上がってるなぁと思った。

1曲目のループはカッコイイね。



何かに似てると言えばそーなんやけど、ガールズバンドと言いながらもやっぱり年齢のせいか色気はないな。ある意味媚びないというか。でも、曲が短いのが良いね。

バンド名は京都のバンド?って感じがする。
今後はJ-POPと言うカテゴリにならないことを期待!

--------------------
ラベル:ねごと
posted by 市松人形 at 10:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 音盤アワー(邦) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。