2011年01月28日

江戸アケミ

昨日はじゃがたらの江戸アケミの命日で、忘れとったんやけど、twitterで知って、たまたまタイミング的に「じゃがたら聴きてー」って思ってたわけよ。

西暦2000年分の反省
41NT4WNZH4L__SL500_AA300_.jpg

曲間にアケミの発言とか入っとって面白い作品やね。

アケミが亡くなった当時、朝新聞見たらテレビ欄のワイドショーのタイトルが「変態ロック歌手死亡」。てっきりミチロウが死んだと思ったら、江戸アケミが死亡したと。でもその当時俺じゃがたらは知ってたけど聴いたことなかったんよね。それから数年してミチロウのザ・スターリンでのパフォーマンスが江戸アケミの影響だと知って。南蛮渡来を購入した。俺としてはザ・スターリンのような音を期待しとったんやけど、パンクではなくてファンクやったんよね。子どもな俺は一回再生して「何これ?」と思い、即行中古CD屋に売り飛ばしてしまった。

でかなり年数経ってたまたまweb上で聴いた「岬で待つわ」、これ出た当時聴いたことあるんよね。北九州小倉の銀天街に前田音楽堂ってレコ屋があって、当時珍しい自主制作盤とかガンガン置いとって、そこで「岬で待つわ」が店内に流れとったんやけど、今思えば一般のお客さんの方が多いのによく流しとったなぁとw。その当時はその曲がじゃがたらの曲とは知る余地もなく、数年後にそれがじゃがたらの曲だと知って再びじゃがたらのCDを購入した。

じゃがたら、何年かに一度は過熱してしまう時期がある。

--------------------
posted by 市松人形 at 12:14| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑ではない雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
大変ご無沙汰しております。
ぼくは逆にこのベストCDを中古盤で買ったがピンとこず、ほとんど聴かず売りました。(何故か買った値段より高く)
それから数年して少し前にブート音源をきっかけに良さに気づき「南蛮渡来」を買い愛聴しています。
年末に出たじゃがたらお春の発掘ライブ盤も素晴らしいですよね。
、、あとすいません関係ない話ですがメールが戻ってきてしまいました。
Posted by kuri at 2011年01月29日 02:37
おお、ご無沙汰です。

そう言えばわたしもブート音源がきっかけでしたw。年末の発掘もどーしようかなぁと思ってたんですけど、素晴らしいんですね。アマゾンでは音が悪いとかレビューで書かれてたんで。
メール戻って来てるんですか?
いつもどおりのfeelgoods2002ヤフーですよ。
Posted by 市松 at 2011年01月29日 08:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。