2011年06月16日

美人数珠つなぎ/琴桃川凛

kotogawarin.jpg

-収録曲-
1.voice of the anather world
2.少数人種
3.ぱぴぴ
4.Am blues
5.biwa
6.愛して欲しい
7.IYANANO
8.Red House
9.Voo Doo Chile
10.Ring Ling

92.2.13 インクティックスズエファクトリー「美人数珠つなぎ 性と文化の大革命vol.2」
Vo.G.Biwa/琴桃川凛
Dr.コンピューター/金杉昭弘
B/宮城善光


琴桃川凛のライブビデオ。
琴桃川凛名義でのビデオは結構発売されとるみたいやけど、見掛けたことが全然ない!
コレも多分東京辺りで買ったと思う。
ずっと再生しとらんかったんでカビだらけで画像や音声に乱れがあるけど、琴桃川凛のギタープレイが見れるのは嬉しいね。



--------------------
ラベル:琴桃川凛
posted by 市松人形 at 13:14| Comment(2) | TrackBack(0) | ライブ映像 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月07日

泯比沙子&クリナメン@子供たちのCity



こういう映像が気軽に見れるなんてね。

子供たちのCityと言えば、筋肉少女帯とかGo-Bang's人生パパイヤ・パラノイアなどが参加したオムニバスアルバムで、ナゴム+キャプテンって感じかな?で、それのツアー映像。泯比沙子&クリナメン

-セットリスト-
1.最終学校
2.ゾンビ
3.フューチャーナウ


1と2は未発表曲だけど、ぼくが知ってるゾンビとは違う曲でキャプテンから出たピクチャーLPに収録されているような曲調。
ちなみにモンスターって曲も二種類あるようだけど。
泯比沙子さんのダンスがカワイイですw。戸川純には見えないんですけど当時はそんな風に言われてましたな。泯さん自身も戸川純ファンに何故か囲まれてしまって怖い思いをしたとか。

このツアーの本が出てて、デットストックで福岡天神の楽器屋に90年後半頃かな、置いてたんだけど、買わなかった。すっごい後悔している。

泯比沙子さんと言えば、2000年前半のMIN13以降活動がないけど、どーしてんのかな?


↓MIN13 02.05.31@福岡ビブレホール
DSCF0109.JPG

--------------------
posted by 市松人形 at 12:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ライブ映像 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月27日

メシ喰エ/INU

inu01.jpg

-収録曲-
ラヴオーヴァーヴォルテージ
フェイドアウト
インロウタキン
ダムダム弾
夢の中へ
メシ喰うな
メリーゴーラウンド
305
ライトサイダーB(スカっと地獄)
つるつるの壷
気い狂いて


町田町蔵(現:町田康)率いるパンクバンドINUの唯一の映像。

内容はクロコダイルでのライブを収録したもので、「メシ喰うな」「牛若丸〜」に収録されてる曲で構成されている。固定カメラではなくハイディーカムか何かで撮影されてると思うが、意図的にジョン・ライドンのような町蔵と淡々とベースを弾く西川成子を中心に撮影しているようです。西川さん、白のワイシャツにタイトスカート、そしてピンヒールという衣装。衣装と言うかそのまま出てきたのか?これはかなりセクシーですよ。

PDVD_116.JPG
PDVD_111.JPG

で、これがブートなのかオフィシャルなのかという事ですが、本人に許可は取ってないと思います。ただ最近になってmixi内のコミュ「パンクお宝鑑定団」でこのビデオに関する興味深い話が出てきてますので見てください。

それとヤフオクとかで時々出品されてますが、ホンモノ(?)かコピーものかの見分け方です。
ホンモノはピンクのジャケットをビデオケースに巻き付けてます。そのビデオケースとテープ本体にはメーカー名とか何も入ってません。業務用かと思います。それとビデオテープに貼っているタイトルシール、これはちゃんとした印刷で作られたシールです。明らかにプリントアウトしたものなどはコピーです。(以上下の写真参照)
inu04.jpginu03.jpginu02.jpg

それとDVDRは出てません。なのでDVDRが出品されたら自家製コピー品ですので、気をつけてください。

ちなみにジャケット写真はINU在籍時の写真ではなく、どてらい奴らのブックレット内の写真です。

--------------------
posted by 市松人形 at 13:07| Comment(2) | TrackBack(0) | ライブ映像 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月02日

NICKEY&WARRIORS 87.08.19 渋谷Live-Inn

nw.jpg

NICKEY&WARRIORSのライブ映像。
一応ブートらしいんですけど、結構プロショット的で良い感じですよ。NICKEYのセクシーキャット衣装も良いです。

NICKEY&WARRIORSはリアルタイムで聴く機会はあったんですけどね、なかなかCDとか音源買う余裕がなくて。曲とタイトル一致してるのは、「Born to ride」だけなんです。インディーズライブセレクションに入ってるアレね。KENZIと一緒でココ最近さかのぼって聴いてます。

正直歌は上手い方ではないと思いますけど、全体的な印象とかポップな曲調とかが好きです。メンバーは思いっきりハードな感じなんですけど。どちらかというとミディアムなテンポや静かな曲の方がNICKEYには似合ってると思います。

--------------------
posted by 市松人形 at 12:29| Comment(4) | TrackBack(0) | ライブ映像 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月16日

筋肉少女帯LIVE in 日比谷野外音楽堂

kins05.jpg

-SET LIST-
1.日本印度化計画
2.これでいいのだ
3.星の夜のボート
4.キノコパワー


筋肉少女帯のテレビでのライブ。多分89年のライブでしょうかね?
この頃のライブは結構行ってましたが、今となってはあまり思い入れのない時期でもあります。でも、当時のライブは楽しかった!

ライブにいっても他の人とコミュニケーション取ったり、友達とライブ行ったりしなかったけど、こんなファン↓がいっぱい居たんですね。多くは語りません(笑)。
kins01.jpg
kins02.jpg
kins03.jpg
kins04.jpg


キャプじゃ判りにくいけど、橘高のフライングVはオレンジ色じゃなかったですかね?
kins06.jpg

ワインレッドのヤツは少年ナイフの直子さんが持ってたんで買いました。

ミーハーですか?

--------------------
ラベル:筋肉少女帯
posted by 市松人形 at 09:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ライブ映像 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月14日

有頂天ライブin麻布十番温泉

ucho02.jpg

最近入手したDVDRより。

上海紅鯨団って番組が80年代後半にありまして、あのねるとん紅鯨団の前にあった番組です。出演者は片岡鶴太郎とか桜金造とか(横浜銀蝿)で、内容はウル覚えなんですけどね、結構面白かった覚えがあります。
オープニングは有頂天「べにくじら」。それが縁なのか、麻布十番温泉にてお年寄りの前での有頂天のライブ。と言っても、多分実際に演奏はしてないんだけどね、多分。曲はもちろん「べにくじら」

↓お年寄りの横で歌うケラ。
uchoten03.jpg

↓当時は「化粧の濃いおばさん」と嫌悪感を感じてた中川比佐子さん。
今見るとキュートでカワイイ!

ucho06.jpg

べにくじらが出た頃なんで、多分86年だと思います。
ちなみにこの曲の編曲は三柴江戸蔵です。

上海紅鯨団には何回かケラが出てたと思うんですが、同じような会場でケラが氷室京介のモノマネをしてるのを覚えてます。
「ここは東京じゃないゼっ!」って。

--------------------
posted by 市松人形 at 10:16| Comment(0) | TrackBack(0) | ライブ映像 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月18日

BOOWY/“GIGS”BOX DISC5 ロックステージ イン 新宿(都有3号地)

VTS_01_1.VOB_000008026.jpg

-収録曲-
01.DREAMIN'
02.BABY ACTION
03.ハイウェイに乗る前に
04.BAD FEELING
05.CLOUDY HEART
06.NO. NEW YORK
07.IMAGE DOWN


BOOWYのGIGS BOXのDISK5に収録、1986年8月4日、都有3号地(現 東京都庁)にて行われた豪雨の中でのGIG。
DISK4に引き続き雨。MCでは雨音もマイクで拾っちゃうぐらいの豪雨だったみたいです。
BOOWYに関しては過去、GIGSLAST GIGSの2枚のCDが出てましたが、いずれも女子のキンキン声でのコーラスが耳に付いて売っちゃいましたが、このGIGも負けずにキンキン声が収録されてるのがちょっと残念。

今まで、松井常松はコーラスしてないと思ってたらIMAGE DOWNでコーラスしてました。

VTS_01_2.VOB_000524788.jpg


このDISKに収録してるのは編集したもので実際は下のようなセットリストだったみたいです。

Justy
Blue Vacation
Baby Action
To The Highway
Bad Feeling
Teenage Emotion
London Game
Honky Tonky Crazy
Dreamin'

1994-Label Of Complex-
Cloudy Heart
B.Blue
Instant Love
Guerrilla
Image Down
No! N.Y


Dreamin' と1994-Label Of Complex-の間に山下久美子大沢誉志幸とのセッション?があったみたいです。

--------------------
posted by 市松人形 at 13:07| Comment(4) | TrackBack(0) | ライブ映像 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月17日

BOOWY/“GIGS”BOX DISK4 BEAT CHILD

VTS_01_1.VOB_000015259.jpg

-収録曲-
01.IMAGE DOWN
02.ハイウェイに乗る前に
03.BABY ACTION
04.MARIONETTE
05.THE WILD ONE
06.BAD FEELING
07.WORKING MAN
08.B・BLUE
09.BEAT SWEET
10.ホンキー・トンキー・クレイジー
11.BLUE VACATION
12.NO. NEW YORK
13.DREAMIN'
14.ONLY YOU


BOOWYのGIGS BOXのDISK4に収録、87年8月22〜23日に熊本県南阿蘇アスペクタで行なわれた野外イベントBEAT CHILDのライブ。シングル「MARIONETTE」発売後、オリコンで一位を取った時期で、会場の盛り上がりは豪雨の中にも関わらずかなりのモンだ。

しかし、いきなり氷室がかっこよくマイクを掴もうとしたら、勢い余ってマイクが吹っ飛んだり(笑)、布袋がギターソロのあと、後ろ向きに下がろうとしたら、PAに引っかかってすっ転んだり(笑)、ギタートラブルなどに見舞われて、大変だったみたいだ。

↓いきなりマイクがすっ飛んで(右端中央付近)
VTS_01_1.VOB_000046465.jpg

↓布袋が転んじゃった!
VTS_01_1.VOB_000382399.jpg

--------------------
ラベル:BOOWY BEAT CHILD
posted by 市松人形 at 13:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ライブ映像 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月07日

宍戸留美 92.01.12 京都太秦映画村(第1部)

-SET LIST-
1.コズミックランデブー
2.おとこのこ
3.男の子が泣いちゃうなんて
4.ハートにリンス
5.地球の危機


またまた個人撮影略して古刹のルンルンのライブ映像。他の会場と違って拍手や声援が凄い!さすが京都。フラッシュもすごい!
これまた営業ですから!って感じの司会者とアニメの声優の話を挟みつつ、ステージは進むのである。

PDVD_00000.JPG

この日はCDを買うとサインがもらえたらしい。欲しい。


しかし、いつ見ても「男の子が泣いちゃうなんて」のダンスは奇天烈だ。
PDVD_00300.JPGPDVD_00500.JPGPDVD_01000.JPG

ルンルンが考えたのか?


そして全部歌い終わったら足早に袖にひっこむルンルン。何があったのか?

PDVD_010215.JPG
↑今回のカワイイ一枚

--過去の分--

宍戸留美 91.11.13 サンテラス駿東10周年記念 FM静岡公開録音

宍戸留美 91.12.23 福島郡山サンシティ(午前の部)

--------------------
ラベル:宍戸留美
posted by 市松人形 at 08:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ライブ映像 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月18日

筋肉少女帯 88.01.22 Live Town

PDVD_000e.JPG


メジャーデビュー前に筋肉少女帯のライブが何とテレビで放送、って言っても大槻のコメントからすると早朝の番組だったようで。それにしても早朝にこういうのが放送されてたとは、さすが80年代

今世紀に入って筋肉少女帯が再結成したが、どうも違和感があった。

最初に見に行った筋肉少女帯のライブはギターが横関敦時代。エディとの掛け合いは物凄かった。当時、FMでも筋肉少女帯のライブが放送されてたが、のちに「猫とテブクロ」にも収録される「最期の遠足」の演奏のテンションは凄かった!なので、「猫とテブクロ」ヴァージョンは当時肩透かしを喰らった。

何故この当時の筋肉少女帯が良かったか。

↓こんな人が繊細でかつダイナミックな鍵盤を叩いてたから。
PDVD_005e.JPG

凄過ぎるよなぁー。
ステージ上で大槻に負けずと大暴れするエディ。


で、本ライブ。
早速1曲目のマタンゴが終わると客が前に来過ぎて危険な状態になり中断。
関係者の「もうちょっと下がってください!」の呼びかけに応じない客に、飲料水を吹きかける大槻。

気を取り直して、「高木ブー伝説」
11PMで演奏した「ドリフター」は問題になったが、コッチはドリフ関係者も見てなかったのか?

↓ギターは友森昭一
PDVD_028.JPG

ナゴム時代のEP「高木ブー伝説」に参加しており、レベッカの元ギターとしても有名。氷室京介のバックメンバーでもあった。

この頃のライブ映像が公式で発売されてない(と思う)ので、是非とも発掘されて欲しいものだー!
(※ウワサによれば、個人的に撮影されてるものが結構あるらしいです)

PDVD_021.JPGPDVD_007.JPGPDVD_013e.JPG

-SET LIST-
マタンゴ
高木ブー伝説
モーレツア太郎
孤島の鬼
ドリフター
氷の世界


--------------------
posted by 市松人形 at 08:42| Comment(4) | TrackBack(0) | ライブ映像 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月10日

BOφWY 1985.04.13 赤坂ラフォーレ・ミュージアム

3rdアルバム発売前のライブ映像。
BOφWYのブート映像は数種類持ってるけど、この映像はなかなか画質が良かった。

PDVD_011.JPG

BOφWYに関しては、音楽性どうこうよりも「アイドル」に近い存在で、斉藤由貴なんかと同じ感覚で聴いていたと思う。未だにBOφWYの新製品が出ると「おぉ!」とトキメイテしまう(買わないけど)。
自分の高校時代は全盛期で、パンクバンドやってる同級生もBOφWY聴いてたし、みんなにとってはある意味「流行歌」的な存在だったかも知れない。
ヤンキーの皆様も結構BOφWY好きでしたよね。以前「目撃ドキュン」に出演、自分の息子に「氷室」って名前付けちゃったティーンエイジ★ヤンキー夫婦、子供さんは元気にすくすく育ったかなぁー?ちなみに壁にはBOφWYポスター貼ってたけど(やっぱり)。


で、内容。
画面下のタイムテーブルや最後の「Honky Tonky Crazy」のSEの中、このライブのダイジェストを流してるとこからすると、元々配布用に編集されたものなのかなぁー?と思った。
このDVD-Rに収録されてるのは

 SE:Endless
 Instant Love
 Baby Action
 No! N.Y
 Dance Craze
 Cloudy Heart
 Guerrilla
 Teenage Emotion
 London Game
 SE:Honky Tonky Crazy


で、実際のライブで演奏されていた

 Oh! My Jully PartT
 Black Rhapsody
 Chu-Ru-Lu
 Bad Feeling
 Image Down


は収録されてない。
タイムテーブルは連続した時間で入っているので、編集の段階でカットされたんだろう。でも完全版もどっかにあるんだろうな。

Endlessが終わるとInstant Loveのイントロ部分をリミックス編集したようなSEが始まり、それに合わせて1曲目がスタート。色々ブートライブ音源を聴いているが、このパターンは聴いたことがない(ちなみにBOφWYのライブは戦略的に83年まではライブの録音が許可されてたらしい)。
Dance Crazeは生演奏でやってるのもあるが、このライブではカラオケに合わせて布袋が歌っている。しかも、エキセントリックなダンス付き。さすがダンスクレイジー!

PDVD_015.JPG


で、淡々とベースを弾く松井常松

PDVD_032.JPG

以前は何とも思わなかったが、Black Rhapsodyなどのダンサブルな曲やシャッフルの曲をダウンピッキングで弾くなんて、かなりのモンだ!松井常松はもっと評価されるべきだ!


GIGS BOXには

 Instant Love
 Baby Action
 No. New York
 Dance Craze


だけが、収録されてるけど、何でこんな中途半端なことしたんだろうね。DISK-3にはちょっとしか収録されてないし・・・。数年後に「赤坂ラフォーレ・ミュージアム完全版」とか出ないことを期待しよう。

--------------------
posted by 市松人形 at 14:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ライブ映像 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月04日

宍戸留美 1993.10.29 横浜そごう

TVK「カフェシティヨコハマ」というテレビ番組での生中継ライブの映像である。
ゲストは宍戸留美現E.L.T持田かおり

VTS_01_1.VOB_000023975.jpg

↑ルンルンは「おそろしくて言えない」というアニメのサントラから「青春は薔薇色だ」と言う曲を披露。トークではウゴウゴルーガ2号の話や20歳バースディライブの話などなど。話の内容からするとこの時既にフリーアイドルになってたようだ。

で、俺としては全く興味のない持田かおり。出演順はこっちの方が先だったけど、内容的にコッチが濃いかった(個人的に)のでコッチを重点的に紹介しよう。
全然知らなかったが、持田かおりは黒BUTAオールスターズというアイドルグループの一員で、目出度くソロデビューということで、既に同グループから三宅亜依と言う人がソロデビューしてたらしい(←知らん)。


持田かおり、当時高校一年生

VTS_01_1.VOB_000006343.jpg

この頃からに比べると、現在はかなり化粧の仕方を覚えたようだ。
正直、この映像を見る限りでは「そりゃ売れないな」と思ったが、結構会場の声援は凄かった。
凄いと言えば、この番組の司会者の鳥塚しげきと言う人。

VTS_01_1.VOB_000011815.jpg

持田かおりに対して「宣伝写真の顔と実際の顔が全然違うね」って言い当てたり、「デビュー曲の"もう一度"って曲、ZARDが歌うような曲だね」って言い当てたり。素晴らしい司会者だ。
ちなみにこの"もう一度"って曲は93年にあのテイチクから発売されており、「そりゃ売れないな」と思った。

で、さらにちなみに、2年前福岡の「海の中道海浜公園」の野外ライブイベントにE.L.Tが出てるのをたまたま目撃したが、あまりにものフリーキーな音程に度肝を抜かれた!

--------------------
posted by 市松人形 at 11:42| Comment(2) | TrackBack(0) | ライブ映像 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月29日

宍戸留美 91.11.13 サンテラス駿東10周年記念 FM静岡公開録音

VTS_01_1.VOB_000002965.jpg

今回も賢明なるルンルンファンの撮影したイベント映像から。
衣装は例の金色セーラー服だが、今回は何とも嬉しいおさげ!おさげもカワイイ!
今回はFM静岡のイベントと言うことで他に山口弘美・西野妙子・Lip's・早坂好恵も共演している。

山口弘美⇒?知らない
西野妙子⇒KABAちゃんとユニット組んでたアイドル。可哀相過ぎる・・・。(ルンルンの右に注目)
Lip's⇒ひみつのアッコちゃんのエンディングをカバーしてた3人組アイドル。
早坂好恵⇒沖縄出身アイドル。最近レスラーと結婚した。

ルンルンが登場するやいなや「留美ちゃん愛してるよー」の掛け声に顔をしかめる微笑ましいシーンもありーの。途中、佐伯健三電気グルーブとのライブの話やアニメの声優に初挑戦の話など。この頃から先のことを考えてたんだね。しかも声優はちゃんとオーディションを受けたとのコト!

-SET LIST-
1.コズミックランデブー
2.男の子が泣いちゃうなんて
3.おとこのこ
4.地球の危機

ライブ終了後、Lip'sのメンバーとフミヤ(チェッカーズのかな?)の話で盛り上がる。まぁフミヤなんてどうでもいいじゃないかーー!(このときはまだ人気があったんだ…)

--------------------
posted by 市松人形 at 15:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ライブ映像 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月26日

宍戸留美 91.12.23 福島郡山サンシティ(午前の部)

VTS_01_2.VOB_000002465.jpgVTS_01_2.VOB_000011351.jpg

あの宍戸留美のアイドル時代のショッピングセンター内宍戸留美ショーの映像だ!個人で追っ掛けて撮影してた方からのトレード品であるが、あの伝説の金色セーラー服での登場だ。俺も以前宍戸留美のライブに行ったことがあるが、通常のアイドルとは違って客層が変だった。いわゆるアイドルの追っ掛けとパンク系。宍戸留美のアイドル時代の作詞はほとんどパパイヤ・パラノイアの石嶋由美子さんが担当しており、さらにアイドルとは思えんような「地球の危機」なるテクノパンクナンバーも歌ってたのがパンクファン獲得の一因か?あのクレイジーSKBも宍戸留美のファンである。

-SET LIST-
1.おとこのこ
トーク
2.銀河でクリスマス
3.男のコが泣いちゃうなんて
トーク
4.二人は映画みたいにいかないね
5.地球の危機

何と!クリスマス前と言うことでレアな「銀河でクリスマス」を披露。これはコズミックランデブーの歌詞違いで、「♪コズミック・コズミック・ランデブー」のトコが「♪クリスマス・クリスマス〜」になってるのだが、ちゃんとバックのカラオケのコーラス部分もクリスマスと言ってる!(俺は何をこんなにコーフンしてるんだ?!)

トークでは司会のバブル時代の象徴のようなお姉さんとのやりとり。
丁度映画「はいすくーる仁義」に出演したコトを話してたが、内容説明で「ヤクザ」を連呼!ここが福島で良かったYO〜、って胸をなで下ろした。

地球の危機(PV)


--------------------
posted by 市松人形 at 08:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ライブ映像 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。